天然素材で自作できる精力剤

精力剤を自作で作るためには、身近な天然素材を用いて、絶妙な割合で作ることが重要です。
枯渇している栄養素が特に凝縮したものを選び、丹精込めて作ることで、市販品に負けないだけの品質にすることが可能です。

タンパク質の宝庫の鶏卵は、豆乳や黄な粉と一緒に混ぜて飲めば、精力剤としても使える品質になります。
あるいは、鶏卵の黄身を味噌漬けにして熟成させれば、ミネラルやタンパク質が凝縮した食べ物に変わります。

味噌を主体として、黄な粉や梅干しなどを混ぜて、兵糧丸を作ることも可能です。兵糧丸の製法は、戦国時代には大名家ごとに秘伝があり、スタミナ源として愛用されていました。

現代人は兵糧丸を精力剤として用いることが可能で、伝統的なサプリメントとして使えます。

兵糧丸には煮干しや鰹節の粉末を加えれば、亜鉛などのミネラルも豊富になり、精力を増大させる力が強くなります。

滋養強壮の代名詞となる朝鮮人参には、ジンセノサイドという有効成分が含まれ、野菜のニンジンとは明らかに違う効果を有しています。
高麗人参は山芋や枸杞子と一緒にすることで、滋養強壮の作用が強くなります。

スープで使う場合には、フカヒレやツバメの巣を一緒に加えれば、極めて豪華な精力剤になります。漢方では丸薬の結合剤として使われるハチミツには、生姜を漬け込むことで、滋養成分が凝縮します。

生姜の辛味成分には、血行を促進させて精力を高める働きもあるため、ハチミツと合わせれば精力剤として強力になります。

ページのトップへ戻る