動物由来の精力剤のメリット

植物由来の原料だけを使う場合には、精力剤としての効果が限定的になったり、即効性が弱くなることがあります。
そのために、マムシやオットセイなどの動物由来の原料が使われてきました。

マムシは毒蛇として有名でありながらも、滋養強壮の生薬としても知られ、スタミナ源として珍重されています。
精力剤にも欠かせないものですから、ドリンクのサプリメントの原料としても使われます。

動物由来の原料としては、ロバの皮を原料とする阿膠も有名であり、古代中国の時代から愛用されてきました。
阿膠には多種多彩なアミノ酸が含まれるために、精力を増大させるためには極めて有益です。
ロバの皮を煮て作ることで、コラーゲンも豊富に含まれています。

阿膠は、高麗人参などの植物由来の生薬と一緒に使われる場合には、互いに相乗効果を引き出すことができます。
植物を基原とする原料の弱点を補って、動物由来のアミノ酸の力を加味させることは、精力剤の効果を高めるための知恵と言えます。

動物由来の原料の中でも、一般的な食材としても馴染みやすいものには、ウナギやスッポンがあります。
ウナギに含まれるビタミンB群の量は圧倒的なものですから、疲れきった体を癒やす力が強くなります。

精力剤に必須となる成分として、亜鉛が豊富に含まれていることも重要です。

スッポンに含まれるアミノ酸の量も充実しているため、植物由来の原料とは違った魅力があり、滋養強壮の強さは常に注目されてきました。

edナビ
ページのトップへ戻る