心因性EDと仕事

仕事で受けたストレスによって心因性EDを発症する人が増加しているようです。

 

ストレスが原因である体の不調の中でも自覚できるケースもあれば、自分では分からない男性ホルモンの減少というものもあります。

 

30代から40代にかけての働き盛りの男性が会社で中心となることも多いので、この年代の男性は強いストレスを受けやすく心因性EDになりやすいのです。

 

また奥さんからの「子作りしたい」と言うプレッシャーもストレスの一端になりえまうs。

 

ストレスだけがEDの原因となるわけではありません。

 

仕事以外の原因や要因が重なることでEDは発症します。

 

リラックスして性行為ができれば勃起不全が改善できる時もありますが、男性ホルモンの減少というのは自分ではどうにも改善できないことです。

 

まず第一に仕事の状況を簡単に改善できるわけではありませんね。

 

自分中心に仕事に影響を与えることはできませんよね。

 

心因性EDでは、その人の性格も関係してくると言われています。

 

真面目な性格だと、仕事でも一生懸命真面目に取り組むので、ストレスを抱え込みやすいようです。

 

真面目な人ほど心因性EDになりやすいのです。

 

男性ホルモンは加齢に影響は受けにくいのですが、仕事で受けるストレスは男性ホルモンに大きく影響します。

 

また仕事のストレスだけが原因となるわけではありません。

 

過労による体の不調も原因の一端となります。

 

不調を訴えるほど多忙な人の体内では、血管壁が傷んでいきます。

 

血管壁が痛むことで陰茎への血流も細くなってしまうので、勃起力が弱まるのです。

 

これは老化も関係しますし、体調不良が原因となるケースの2つがあります。

 

心因性EDでと判断されていても、肉体的な不調も原因として加わることがあります。

バイアグラを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/